スタッフインタビュー01

今回は取材へのご協力、ありがとうございます。
O田さんは10年間も雑誌の編集者をしていたそうですが、Webに抵抗はなかったんですか?

まったくなかったと言えばウソになりますが、自分の知らない土俵、アウェイで勝負したいという想いの方が強かったですね! 同じ仕事を続けているとまわりの人も同じ知識を持っているし、自分がオンリーワンじゃなくなりますよね? それがイヤだなと。それに出版業界ってルールがあって、新しいことに挑戦しにくい環境なんですよ。

そこで30代の挑戦として選んだのがWeb、それも運営ディレクターという仕事――。紙媒体から見たときに、Webに無限の可能性を感じたのが転職のきっかけですね。今までの経験を活かして、まったく新しい場所で“モノづくり”をしたい、それがWebを選んだ理由です。

数あるWeb系の会社からスマートネッツを選んだ理由は?

実はスマートネッツ以外に5社くらい、同じようなWebメディアを運営している会社の面接を受けて、ぜんぶ受かったんですよ。Web業界未経験なのに(笑)その中でスマートネッツが一番やりたい仕事を任せてもらえると感じたんです。もう、野生の勘ってヤツですね!

そして入社してすぐに企画を提案したら、「いいよ!」って簡単にOKが出ちゃったんです! 本当に気持のいい会社だなと、そして自分の目に狂いはなかったなと確信した瞬間です。あと、毎月飲み会があることも入社した理由のひとつですね。自分、しゃべるのと飲むことが大好きなんで(笑)

運営ディレクターのお仕事内容を教えてもらっていいですか?

まだ入社して2カ月なのでわからないことばかりですが、
お客さんの意見をまとめて、そこに楽しさをプラスして、
制作者に共有することが運営ディレクターの役目かなと思っています。
ちなみに僕の考えるお客さんは、クライアントはもちろん、
サイトに訪れるユーザー、一緒に働くエンジニアやデザイナーも含めて、自分と関わる人すべてです。
雑誌の編集長っておもしろい企画をまとめて1冊にするじゃないですか?
運営ディレクターはそんな存在かなと思っています。

Answer

初のWeb業界、ディレクターとしてはじめて担当したお仕事を教えてもらっていいですか?

なかなかオープンできない男性求人サイトの案件ですね!
コンセプトを提案したら即OKが出て、「1カ月後にオープンしよう」とトントン拍子で話が進んで、
そのスピード感にビックリ! それが入社して2~3日目くらいのことです。
初のWeb業界ですぐに責任のある案件も持たせてもらえることには驚きましたね。

どんなところで苦労しましたか?

コンテンツを考えるのは雑誌でも慣れていましたが、Webの知識では苦労しましたね。
入社当時の僕は「デバッグって何?」「制作スケジュールってどれくらいかかるの?」って状態。
それでWebメディアの運営ですから覚えることだらけですよね。
まぁ、知識面については今も変わらないんですけど(笑)

そんな最初の壁をどうやって乗り越えたんですか?

運営ディレクターってデザイナーやコーダーにうまく伝えることが仕事だと思うんですよ。
でもWebの知識もないし、はじめて会う人だからうまく伝わらない――。
けっこう自信があっただけにヘコみました。そんな僕のことを暖かく見守ってくれ、
まわりの方がサポートしてくれたから最初の壁を乗り越えられたんだと思います。

あと、思いついたのが人脈をフル活用すること!
実は雑誌時代から読者さんと親密にしていて、今でも1000人くらいと連絡を取り合っているんですよ。
その中にはデザイナーやイラストレーター、コーダーといったクリエイターも多数!
それで10年来の友人とか、それこそ読者の人たちに連絡して仕事を手伝ってもらうことにしたんです。
すると気心知れた仲間なので、気軽に相談ができて仕事がどんどんまわるように!

今の自分はできないことばかりなので、とにかく頼る、仲間になんとかしてもらうことで壁を乗り越えましたね。だから今後は、雑誌で培った経験と人脈をフル活用して、Web業界をかき乱してやりたいと思っています(笑)けっこう本気ですよ!

今後の野望などがあれば教えてください。

雑誌って本屋さんに来る人だけがターゲットじゃないですか?
でもWebって極端な話、地球の裏側まで届く「モノづくり」だと思うんですよね。だから経験と人脈を活かして、「笑顔」を生む媒体をバンバンつくっていきたいと思っています。
これが30歳を過ぎた男の野望です!
人を楽しませる、笑わせるエンタメ媒体がつくれれば、ユーザーだって喜ぶし、クライアントさんやスマートネッツも儲かって「笑顔」になれますからね。

あと、紙媒体って締めきり優先で、それまでにつくることが絶対なんですよ。一方でWebは発明家みたいに遠い未来を目指して、どんどん改良して巨大サイトを育てることができるんです。
コレッておもしろくないですか?
どんどん改良して進化させられる、これはWebの特権ですね!

Answer

求職者へのメッセージ

やりたいという気持ちが大切! Web未経験だと大変ですけど、スマートネッツでは定期的に勉強会もあるし、魅力的で人間らしい会社なんで成長できると思います。月イチの飲み会では笑顔があふれているし、人情味のある人がいっぱいなのでお酒好きもぜひ♪ 熱い気持ちがあれば、未経験でも大丈夫。事実、自分がそうですからね。

そんなスマートネッツでは今、さらに勢いを増すべくスタッフの増員を計画中だ。詳しくは以下を参照してほしい
運営ディレクター募集要項
求める人物像
  • 「自分はこうしたい」という想いがある
  • 自分の世界観がある
  • コスト感覚がある
  • 意見をとりまとめつつ決断できる
  • 責任感がある
  • 進行能力がある
  • メリット・デメリットを加味したうえで企画提案できる
スマートネッツで
働くメリット
  • 裁量が多い
  • 自由度が高い
  • 勉強できる環境
  • フォロー体制がしっかりしている
主な仕事
  • Webサイトの現状分析
  • 課題解決
  • 企画提案
  • ディレクション業務
  • スケジュール進行管理
  • 効果検証
待遇・条件

運営スタッフ:月給25万円以上
運営ディレクター:月給30万円以上

【収入例】
運営スタッフ/28歳(入社2年) 年収400万円
運営ディレクター/35歳(入社2年):年収480万円

※経験・能力を考慮したうえで当社規定に沿って決定します
※試用期間は3~6カ月(期間中は月給25万円)

詳しい情報を知りたい方はこちら運営ディレクター募集要項

スタッフインタビュー02

今回は取材へのご協力、ありがとうございます。
まずは、今のお仕事について教えてください。

部署は宣伝広告部で、広報業務のほか、Web広告全般のディレクション業務も担当しています。検索エンジンからWebサイトへの訪問者を増やすSEM(Search Engine Marketing)の提案・提供なども私の仕事です。そういう意味ではマーケターであり、SEM担当者であり、ディレクターでもあります。

スマートネッツに入社する以前のお話をうかがってもいいですか?

以前、自分が代表を務めていた会社でWebメディアの運用をしていました。
運営していたのはユーザーが楽しく交流できるWebサイトですね。
5年くらいメディア運営に携わり、その後にWeb広告の代理店に入社しました。
その会社では、広告運用を行ううえでSEOだったり、SEMだったり、いろいろ学びましたね。

へ~、女性社長ですか!? すごい! そんなN本さんは、なぜスマートネッツに入社したんですか?

やっぱりメディア運用っておもしろいなと(笑)
あとは独立という考えに対して寛大なことです。
一度は会社のメンバーとして経験を積んだ上で、
いずれは独立してメディア運用に関わっていきたいと思い、
自社メディアを持っているスマートネッツを選びました。

また、裁量の大きな仕事を任せてもらえそうだと感じたことが
一番の決め手ですね。
自分で戦略を組み立てて成果を出す、
さらにメディア運用というビジネスモデルも学べ、
スマートネッツなら最先端のマーケティングに
挑戦できそうだったので入社しました。

Answer

実際に入社してみて、スマートネッツってどんな会社でしたか?

働き方がフレキシブルで、社員もいればアルバイトもいますし、業務委託のスタッフもみんな仲良く仕事をしているんです。そんな職場なら、自分らしく働けるんじゃないかなと。

スマートネッツに入社してよかったと実感する瞬間はありますか?

意外とグローバルな会社で、韓国や中国、カナダのクリエイターも在籍しているんです。海外出身のクリエイターと同じ環境で仕事ができるので刺激にもなりますし、なにより楽しいですね!

あとは、新しい手法を試しやすいことも魅力です。自社メディアで気軽にアイデアを試せて、効果測定ができるので、マーケターにとってはすばらしい環境だと思います。そして、その結果をもとにお客さんに提案ができるので、安心感もありますね。Web業界はどんどん進化しているので、最先端のスキルを身につけて先回りして提案することが重要なんです。

ずばり、どんな人がマーケターとして活躍できると思いますか?

常に自分で勉強すること、貪欲に新しい知識を身につけること、勉強が苦にならない人が向いていると思います。数字が得意で、常日頃から論理的思考を持っていることも大切ですね!

たとえば、流行りものに敏感な女子に合っていると思いますよ。ユーザー視点を忘れず、流行りを追いかけるのはマーケターの基本ですから。少しずつでも学んでいく姿勢があれば、どんどん成長できるはずです!

Answer

求職者へのメッセージ

Webメディアに興味のある方なら学べることの多い職場だと思います!
企画から運用まで携われるので、貪欲に知識を吸収したいという方にはぴったりでしょう。
スタッフの半数以上は女子なので、働きやすいと思いますよ。

そんなスマートネッツでは今、さらに勢いを増すべくスタッフの増員を計画中だ。詳しくは以下を参照してほしい
マーケター(宣伝広告)募集要項
求める人物像
  • マーケティングの知識がある
  • 包括的に会社全体を見渡せる
  • 仕事に対してずるさがある
  • 情報を拡散していく力がある
  • 話題を適度に大きく見せる能力がある
  • そのほか、自社分析・競合分析・SEO・アドネットワークの知識があれば歓迎!
スマートネッツで
働くメリット
  • 裁量があり、なんでも試せる環境がある
  • 自分のアイデア・企画・戦略を実際に活用できる
主な仕事
  • Web広告の企画・提案
  • Web広告の出稿
  • Web広告やサイトの効果測定・改善提案
待遇・条件

月給25万円以上

【収入例】
マーケター(宣伝広告)/30歳(入社3年) 年収420万円

※経験・能力を考慮したうえで当社規定に沿って決定します

いかがだっただろうか。我々はこの取材を通じて、スマートネッツの勢いはやはり、スタッフたちの高いモチベーションとチームワークの良さが生み出していると結論づけたい。これからますます勢いを増ししていくスマートネッツから目が離せない。新しい動きがあり次第、我々も再び彼らのことを追うことになるだろう(ライターM木)

詳しい情報を知りたい方はこちら 募集要項

インタビュー終わり、オフィスを通り抜けると急に社長が腰を上げた。「M木さん、実はね…」社長の話によると、スマートネッツはこれから更に事業を拡大すべく、多岐にわたってスタッフを募集中らしい。興味を持ったあなたは一度覗いてみるといい。他では出来ないことが体験できるかもしれない。また、やる気さえあれば性別や国籍問わず、LGBTのようなプライドと個性を持った人材も積極的に採用中らしい。クリエイティブでユーザーを笑顔にしたい、そんな熱い想いのある方はぜひ募集要項を見てほしい。※LGBTとは、L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシャル)、T(トランスジェンダー)の頭文字を取った総称であり、セクシャルマイノリティ(性的少数者)を指します